優光泉酵素ファスティングダイエット

優光泉酵素でファスティングダイエットしたらたった1週間であっさり-2.8㎏痩せた話

優光泉酵素の効果的な飲み方まとめ! おすすめのアレンジ法もご紹介します

酵素断食の専門家が教える優光泉酵素の効果的な飲み方

今回は、優光泉酵素を販売している「エリカ健康道場(断食道場shop)」代表・北島さん直伝の、優光泉酵素の効果的な飲み方をご紹介します。

f:id:satoyan01:20170906221736j:plain

北島さんは、長年酵素断食について研究されている“酵素断食の専門家”です。

実店舗でも日々多くのお客様に酵素断食の指導を行っていて、気になることがあればメールや電話でも相談に乗ってくれます。

 

そんな北島さんがおすすめする優光泉酵素の効果的な飲み方。

私自身、この飲み方でたくさんの嬉しい効果を実感することができましたので、これから優光泉酵素を飲み始めようと思っている方は、ぜひこの記事を参考に優光泉酵素を飲んでみてくださいね。

 

ちなみに今回ご紹介する飲み方は、優光泉酵素を購入するともらえるガイドブックにも記載されています↓

f:id:satoyan01:20170904194005j:plain

 >>>健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素

 

1食だけ優光泉酵素に置き換える「プチ断食」

f:id:satoyan01:20170908223259j:plain

最も手軽で続けやすいのが、この飲み方。

はじめてファスティングをする方や、完全に断食するのはツラすぎる!という方におすすめな飲み方です。

私も優光泉酵素を飲み始めた当初は、このプチ断食から始めました。

1食を置き換えるだけなのでそこまでツラくないですし、1日プチ断食をしただけで若干ですが痩せました。

 

ちなみにダイエットを目的にするなら、夕食を優光泉酵素に置き換えると効果が出やすいです。

夕食を抜くとなるとお腹が空きやすくはなりますが、朝食や昼食を抜くよりも効果は早いと思います。

 

1日だけ優光泉酵素を飲んで過ごす「1日断食」

f:id:satoyan01:20170909205332j:plain

1日だけ食事を摂らずに優光泉酵素だけを飲んで過ごします。

1日だけなのであっという間に終わりますし、プチ断食よりもダイエット効果が高い飲み方です。

 

1日断食をする場合、優光泉酵素は必ず9回以上(原液で180cc以上)飲みます。

食事の代わりに飲むので、栄養的にもそれぐらいの量を飲むことが推奨されています。

 

さらに成果を出したいなら、1日断食のあと、7日間プチ断食を延長

f:id:satoyan01:20170909205306j:plain

1日断食で思うような成果が出なかった場合は、さらに延長してプチ断食を行うと効果が出やすいです。

1日断食のあと、7日目までは朝昼、優光泉酵素だけを飲んで過ごします。

 

ダイエット効果、体質改善効果大!「3日断食」

f:id:satoyan01:20170909211032j:plain

 3日間食事を摂らずに優光泉酵素だけを飲んで過ごします。

ダイエット効果もバツグンで、私も3日断食をして2.8kg痩せました。

yukosen-koso.hatenablog.com

 

3日断食をすると、痩せるだけじゃなく体質改善効果も期待できます。

上記の記事でもご紹介していますが、私自身、太りにくくなったり、肌荒れが改善されるなどの効果を実感しています。

 

3日も食事を摂らないなんて、そうとうツラいんじゃないかと思うかもしれませんが、優光泉酵素を飲んでいるとお腹が空きにくいので、想像していたよりは楽に過ごせました。

 

嬉しい効果もたくさんあったので、今後も定期的に行っていきたいなと思っています。

 

さらに体質改善・ダイエットを目指すなら、3日断食のあとに「24時間断食」を継続

私の場合は3日断食でも十分な効果を実感できましたが、さらに体質改善やダイエット効果を出したいという方は、3日断食のあとに1ヶ月程度「24時間断食」を継続して行います。

 

24時間断食というのは

  • 朝→優光泉酵素だけ
  • 昼→優光泉酵素だけ
  • 夜→玄米小豆粥・味噌汁など

という飲み方です。

1ヶ月程度は回復食で過ごした方がいいということですね。

 

北島さんによると、今までにこの飲み方でで実践された方が特に効果を出しているそうで、精神的にも肉体的にも負担が少ない飲み方なんだそうです。

 

>>>健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素 

 

優光泉酵素の飲み方についてよくある質問

f:id:satoyan01:20170906185522j:plain

優光泉酵素の飲み方についてよくある質問についてまとめました。

回答については実際に北島さんが回答したものをまとめています。

 

Q1.優光泉酵素の正しい飲み方は?

A.飲み方に決まりはない

基本的に水で4~6倍に薄めて飲む人が多いですが、人によって味覚が違うので、飲んでみておいしいと思える濃さに薄めて飲んでください。

また、優光泉酵素は水でしか薄めていけないわけではありません。炭酸水などで薄めても大丈夫です。コーヒーや紅茶の甘味料として使うことも出来ます。

 

Q2.優光泉酵素は温かいもので薄めても大丈夫?

A.60℃~70℃ぐらいなら問題ない

通常の酵素飲料に含まれる酵母菌は70℃以上の温度で壊死していましますが、優光泉酵素に含まれる酵母菌は70℃以上の高温にも耐えることができるよう培養された耐熱酵母菌なので、温かいもので薄めても問題ありません。

ただし、あまり高温になると味が変わることがあるので60℃~70℃で飲むことをおすすめします。

 

Q3.優光泉酵素を飲むタイミングは?

A.お腹が空きそうになったら飲む

基本的に飲むタイミングに決まりはありませんが、空腹時に飲むと吸収がいいです。

お腹が空きそうになったり、気が向いたらいつでも優光泉酵素を飲んでください。

 

Q4.断食をせずに優光泉酵素を飲んでも効果はある?

A.断食をした方が効果的

優光泉酵素はただ飲むだけでも効果はあるのですが、優光泉酵素を1食置き換えるプチ断食をした方がより効果的です。

 

Q5.優光泉酵素を飲み過ぎたら太る?

A.むしろたくさん飲んだ方がいい

優光泉酵素のカロリーや甘さは体を動かしたりするとエネルギーになる性質なので、たくさん飲むと基礎代謝が上がったり、水分代謝が良くなります。

また優光泉酵素は100ccあたり178kcalなので、かえってたくさん飲んだ方がいいぐらいです。

 

>>>健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素 

 

優光泉酵素のいろんな飲み方・使い方! おすすめのアレンジ法をご紹介! 

f:id:satoyan01:20170825220959j:plain

優光泉酵素の効果を実感するには、飲み続けることが大切です。

飲み方や使い方を工夫して、なるべく長く飲み続けることをおすすめします。

 

定番の飲み方は「水割り」

優光泉酵素の一般的な飲み方です。水で4~6倍に薄めて飲みます。

私の場合、断食中はいつも500mlのタンブラーに優光泉酵素100ccを水400mlで薄めたものを入れて持ち歩いていました。

こうすると、いつでも優光泉酵素をすぐ飲めるので、仕事や子育てなどで忙しい人にはおすすめです。

レモネードにしても◎

優光泉酵素の水割りにレモン汁を加えてレモネードにすると、さらにおいしくなります♪

 

お腹が空きやすい人には「炭酸水割」

優光泉酵素をを水の代わりに炭酸水で薄める飲み方です。

水と同様4~6倍で薄めるとおいしいです。

私の場合、夜はいつもこの炭酸水割を飲んでいます。

f:id:satoyan01:20170906161447j:plain

炭酸水だとお腹が膨れて満腹感も得られるので、水割りだとお腹が空くという人は、炭酸水で割るといいと思います。

炭酸ジュースみたいな感覚でグビグビ飲めますし、仕事から帰って飲むこの一杯は最高です(笑)

 

紅茶やコーヒーの甘味料として

紅茶やコーヒーを飲むとき、砂糖の代わりに優光泉酵素を入れる飲み方もおすすめです。 

優光泉酵素に含まれる酵母菌は耐熱性なので、温かい紅茶やコーヒーに入れても問題ありません。

冬の寒い時期は、ホットのしょうが紅茶もおすすめです!

 

ヨーグルトにかけてもおいしい!

優光泉酵素は無糖のヨーグルトにかけてもおいしくいただけます。

f:id:satoyan01:20170911123352p:plain

私も以前まではハチミツをかけて食べていましたが、今は優光泉酵素をかけています。

ハチミツよりもさっぱりとした甘みになります。

 

まとめ

ということで、今回は優光泉酵素の効果的な飲み方をまとめてみました。

アレンジ法については他にもいろいろとアレンジの仕方はあると思うので、ぜひいろんな飲み方、使い方にチャレンジしてみてくださいね。

優光泉酵素は飲み続けることで、体を安定した状態にしてくれるので、すぐに効果が実感できなくても、ぜひあきらめずに飲み続けてください。

 

>>>健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素 

 

 

ブログランキング参加中!
応援クリックお願いしますm(__)m 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


体質改善ダイエットランキング